まごころを込めた手であなたを頭痛から救います!


院長:多久修治(たくしゅうじ)

 

職業:頭痛治療家

 

好きな言葉:ありががとう 

 

心得:謙虚 感謝 正直

 



『趣味・興味・健康法

観劇:(宝塚歌劇・ミュージカル)

読書:(稲盛和夫・致知出版の本)

好きな音楽:(カフェミュージック)

気質:(繊細、おだやか)

健康法:(早朝ウォーキング、酵素風呂)

 


『経歴・活動』

大阪行岡医療専門学校 卒業

茨木市 彩都鍼灸整骨院

城陽市 げんき堂整骨院

まちでらクリニック

地域での健康講座、

福祉施設ボランティア開催

 (国家資格・柔道整復師免許)


 

治療家になったきっかけ

大学を卒業後は銀行員、吸収合併後に退職。

 

その後、信販会社に入り島根県出雲市に転勤。

 

職場の上司、人間関係や環境の息苦しさから常にストレスを感じ、いつもすっきりしない頭痛や首こり、腰痛持ちでした。

 

病院で検査も異常がなく、あちこち整体やカイロプラクティック(脊椎矯正)に通院。

 

ある時、カイロの先生から自分の体を治そうと思ったら、一度自分の体のことを勉強するといいですよと言われ勉強会に参加。

 

そこでカイロという仕事に興味を持ち、勉強していったのがきっかけです。

 

(社会人時代・出雲市)


 

治療家になってからの苦労

 

最初は自分の住んでるアパートの2階にマットを敷き、画用紙にマジックで

「多久脊椎矯正院」と書いてお店をオープン。

 

 

その場しのぎで何とかやりくりするも、なかなか軌道に乗りません。

 

次第にお金がなくなり、食べるものにも困ってきました。

  

(2階の左・自宅兼治療院)


 

 

毎日が孤独で強烈なストレスで頭痛がひどくなり、精神状態もおかしくなり不安や心配で眠れない日が続きます。

 

 

それでも絶対諦めないと自分に言い聞かせ、島根で一番の治療家になってやるともがいていました。

 

出張、訪問治療時代

ある時、待っててもダメだということで、海岸端や山間部に行き、ガラガラ〜とドアを開け、飛び込み営業を行います。

 

当時1回5000円という金額、白衣を着てマットを肩にかつぎ、いきなり見知らぬ人が来ても、そう簡単には治療をさせてもらえません。

 

それでも一人受けてもらうと、田舎ならではのつながりで、その家族や近所の人などに声をかけてもらい、次第に、集会所、公民館、市民会館、温泉旅館などにも広がり、いつしか島根全域で治療をさせてもらっていました。

 

(出張治療・島根県飯南町)


そうしていくうちに、高齢で年金や支払いがしんどい方の為に保険を使って、もっと技術の高い整骨院を作れば喜んでくれるのではないかと思い始めました。

  

そしてちょうど出雲に来て10年、キリもよかったので、一度お店を閉め、専門学校に入るため大阪に戻りました。

 

3年で卒業し国家資格も取れ、島根に戻る予定でしたが、子供が出来たため、

すぐに戻ることができませんでした。

(出張治療・島根県川本町)


 

 

その間は整骨院やクリニックで勤務し、地元茨木にバランス整骨院/整体院を開業します。

 

しかしその頃、大阪は整骨院だらけになっていました。

 

やっていることは大体どこも同じで電気治療とマッサージです。

 

 

だんだん保険の効かない慢性的な肩こりや腰痛の事務処理に抵抗が出てきて、もっと自分に正直にいきたいときっぱり保険診療をやめました。

 

 

人生の転機

 

さあこれからどうしようと模索中、名古屋に頭痛専門「日だまり整体院」を知ります。

 

頭痛治療の第一人者、日比大介という先生が頭痛整体を学ぶ日比塾を開催していました。

 

一度その話を聞きに行くと世の中には頭痛で悩んでいる方が3000万人もいるという事を知りました。

 


その中で日比先生は「頭痛=人生」である。

 

頭痛になる人は真面目で一生懸命な人が多い。

 

そういった人の多くは我慢やツライ背景もあり、生きづらさがあります。

 

なるほど〜頭痛はその人の生きづらさからきていて、もっと自分らしく生きろという体からのメッセージなんだ。

 


 

 日比先生考案の「日だまりショット」は、自分の行っていた治療とはまるで違って自律神経、内面にもアプローチするまったく新しい治療だ。

 

これまでとは違う「心の治療に出会った瞬間でした。

 

それ以来、頭痛治療一本で現在に至っております。

 


これからの展望

 

患者さんを笑顔にして人の役に立ちたい、患者さんの喜びが自分の喜びにつながるそんな生き方をしていきたいと思います。

 

これまで苦しくツラい思いをし遠回りをしてきましたが、頭痛で悩んでいる方の気持ち理解するためにも、これまでの経験はここにつながっていたんだなと思います。

 

 これからも多くの事を勉強し、頭痛で悩む方の心に寄り添える治療家を目指し生涯努力してまいります。

 

日本中の頭痛の方、私が救います!

 

多久修治

 

師匠の日比先生(日だまり整体院にて)


《スローガン》

 

太陽のような愛を持って

頭痛の人を救って行こう

町に光をともして行こう

その一つ一つの光が合わさった時

世界は日だまりの家族になる


※治療中は電話に出れませんので留守番電話にお名前・電話番号を入れておいてください。

ご予約は 072-646-6299まで メール予約→E-mailまで(24時間受付)